遺産相続で実際に起こった話

亡き夫の代わりに遺産を相続したい

亡き夫の代わりに遺産を相続したい

結婚して、2年目で私の夫は亡くなりました。普通なら、旧姓にもどりシングルマザーとして生きていくのでしょうが、私の場合、両親は20代で先立っていましたし、親戚と呼べる存在もなく、夫の両親とは関係が良好だったこともあり、そのまま、夫の性を名乗り、夫の両親と一つ屋根の下で暮らしていたのです。夫が亡くなったのが、7年前の話です。

夫が亡くなり、夫の両親に世話になることを選んだ理由に、夫が亡くなった直後、お腹に子供がいることがわかった事が大きい理由だと思います。 1カ月経つか経たないかのお腹の赤ちゃん、私自身、一人での出産には、不安もあり、「息子の形見だから産んでほしい」と、お義母さんに頼まれたこと、検診で双子だということがわかったこともあり、夫の両親との同棲にふみきったのです。

実際、夫の両親は私を実の娘のように可愛がってくれました。夫には、10歳年の離れたお姉さんがいますが、一度も結婚しておらず、遠くにいることもあって、私も子供たちのことも本当に可愛がってくれたのです。

そして、夫の両親が立て続けてなくなり、相続の話になりました。夫の両親は、3000万の遺産を残してくれましたが、それらを、お義姉さんがひとりで、相続するというのです。

遺言書はありませんが、間違いなく、双子の子供たちのために残してくれたお金だと思います。なんとか、お義姉さんと二人の子供たちで、三等分してほしいとお願いしているのですが、聞き入れてもらえません。

DATE:2016/10/10

ピックアップ記事一覧へ